大分県社協

※上記の様式はすべての様式を含んでいます

ボランティア募集中

これまでの経緯⑧「だいふくんキッチン」

大分県社会福祉協議会では、子どもの食育、共働きや一人親
家庭への支援、地域の高齢者の孤食など、地域に広がる様々
な課題に対応できる「居場所としての子ども食堂」に注目が
集まっている状況にあって、地域のつながりの再構築を目指
して子ども食堂支援事業に取り組んでいます。

内容は、8月の毎週水曜日の5日間にわたって大分県総合社
会福祉会館で、夏休み子ども食堂(だいふくんキッチン)
を開催し、ニーズ調査、関係機関との調整、実施に至るまで
の行程を実際にやってみる中で、手法を取りまとめ、手引き
書を作成するなど普及・啓発することにあります。

学校関係者やPTA、子供会、自治委員、民生委員児童委員、
ボランティア団体、地元企業、行政、母子寡婦福祉連合会、
社協等によるだいふくん食堂推進協議会を開催しながら地元
の舞鶴小学校の協力も得て実施しました。

毎回45名程度の子どもたちがあつまり、食事会だけでなく
宿題をしたり、レクレーションを楽しんだりしていました。
最終日の31日の料理は、から揚げ、焼きウインナー、ミー
トボール、フライドポテト、ゆで卵、スパゲティ、漬け物、
わかめスープ、シュウマイ、白玉あんこでした。

28だいふくんキッチン1.jpg

28だいふくんキッチン2.jpg

28だいふくんキッチン3.jpg

ボランティア募集中